⚡️ 

スピードテスト - Speedtest

インターネット速度の測定方法


インターネットスピードテスト(internet speed test)は、インターネットの通信速度およびお使いのデバイスとの回線品質を測定します。回線速度を測定するためには、複数のテストを連続して行い、インターネットのping値(応答速度またはレイテンシ)、ダウンロード速度、アップロード速度を分析します。これら数値はそれぞれインターネット通信における特定の質を表しており、下記に詳しく説明いたします。最終的な回線速度測定の結果を理解するのに役立つでしょう。しかしその前に、まずこれら3つの数値の測定方法を説明いたします

ダウンロード速度の測定方法

ダウンロード速度をテストするには、複数の回線をサーバーに接続して、全ての回線で大容量のデータファイルのダウンロードを開始します。これによりネット回線の帯域幅を最大限に活用し、最大のデータスループットの測定ができます。データスループットとその測定時間を記録することで、お使いのインターネットのダウンロード速度が算出されます。

アップロード速度の測定方法

アップロード速度は、ダウンロード速度の分析方法を逆にたどることで測定されます。まずは複数の回線をサーバーにつなげます。その後ファイルをダウンロードするのではなく、無作為のデータからなる大容量ファイルをお使いのデバイスに作成し、サーバー上の全ての回線に転送します。ネットワーク上の複数の回線からデータをサーバーに転送することで、最大のスループットを測定します。そしてデータスループットと測定時間をもとに、お使いのネット回線のアップロード速度が算出されます。

ping値の測定方法

ping値を測定するには、まずデバイスがネットワーク上の少量のデータパッケージを、ネット上のテストサーバーに送信します。パッケージはサーバーが受信するとデバイスに送り返され、往復することになります。データパッケージが往復するのにかかる時間をレイテンシ(またはping値)と言います。正確に数値を算出するためにはping値の測定テストを複数回連続で行い、全測定における平均値を最終的な数値として確定します。

スピードチェックを使うと、これら全てが自動で処理されます。ネットスピードを計測するにあたり、ひとつ重要なことがあります。それは適切なツールを選ぶことです。どのツールを選ぶかは、スマホ、タブレット、パソコンなどお使いのデバイスによります。コンピューターの通信速度を測るには、ブラウザーを開き、わたしたちのサイト上のアプリを使いましょう。スマホやタブレットの回線速度を計測するには、iOSAndroidのアプリをダウンロードするといいでしょう。wifi速度を計測(speed test)するには、アプリの利用が特に重要です。スマホやタブレットのブラウザーは性能があまり良くないので、ネイティブコードのアプリを使うことで最も正確な速度テスト(speedtest)が可能になります。

🚄 

回線速度に関する重要な数値


ダウンロードスピードとは

お使いのデバイスがインターネットからデータを受信できる速度を指します。一定時間内のデータスループットの合計を測定時間で割り、算出します。つまりデータユニットを時間で割るという計算です。大抵の場合、ダウンロード速度は、1秒あたりのメガビット(MbpsやMb/s)で表します。ただし1秒あたりのキロバイト(KbpsやKb/s)や1秒あたりのメガバイト(MBpsやMB/s)と表記されることもあります。

アップロードスピードとは

ダウンロードスピードとは逆に、アップロードスピードはお使いのデバイスがインターネット上に送信するデータの量を表します。ダウンロードと同様に算出され、同様の単位を使って表記されます。

ping値(レイテンシ)とは

ping値(またはレイテンシ)は、信号が目的地に達するまでかかる遅延時間を指します。つまりデータパッケージがネットワーク上で往復するのにかかる時間およびサーバーでの受信が認識されたことを示します。時間を表す数値であり、通常ミリ秒(ms)の単位が使われます。ご使用の回線速度の反応の速さを表します。

インターネット通信速度を測定(speed test)するメリットは?


お使いのブロードバンド回線速度を知ることで、1)インターネット回線事業者に支払う利用代金に見合った速度で光回線が使えることを確認し、2)ネットワーク上で問題なく作業するにはどのようなアプリを使えるか理解することができます。

あなたのインターネット回線の速度はどうでしょうか


まず、使用用途によって必要なブロードバンドのスピードが異なる、ということを認識していただくことが重要です。光回線の速度を測定するにあたり、「私のネット回線の速度はどれくらいだろう?」という問いの答えは、ブロードバンド回線を何のために使うかによって異なることに留意してください。単にウェブページを閲覧するだけなら一桁台のMbpsでも十分ですが、4K解像度でNetflixをストリームするには最低でも25Mbpsの回線速度が必要です。オンラインゲームの場合は主にping値(伝送遅延時間)が重要となり、ping値が小さいほど使いやすくなります。インターネットにコンテンツを公開するためには(例えば大容量のビデオをYouTubeにアップロードするなど)アップロード速度の帯域幅に左右されます。